• 中国のEC売上および規模

     

    中国EC概況:

    2015年の中国におけるインターネット通販の売上規模は25,680億元(約43兆6500億円)となり、
    2012年に対して212%と驚異的なスピードで伸びています。
    BtoCの売上でみると、Tmall(天猫|アリババグループ)の売上シェアは63%をしめ、

    JD.com(京東商城|京東集団)とあわせて84%と売上の大半を占める状況となっております。

     

    中国向け越境EC概況:

    2015年度の中国向け越境ECにおける日本からの購買額は7,956億円で、
    2019年には2.3兆円に達する見込みです。
    またアリババグループや京東集団も越境ECを2016-2018の主力成長ドライバーとしており、
    より多くの投資が行われる見込みです。

  • TmallGlobal(天猫国際)とは

    2014年にアリババグループが立ち上げた中国向け越境ECサイト。
    中国に販売拠点を持たない外国ブランドの商品を、
    中国消費者向けに展開するグローバル版のオンラインショッピングモール。

     

    2014年末には、売上はすでに10倍の規模になり、2015年も180%の伸長率を記録しております。
    世界53カ国から5,400以上ものブランドを取り揃えております。

  • JD Worldwide(京東全球購)とは

    京東集団が国際化戦略の重要事業として2015年に設立しました。

     

    2016年6月18日に行われたプロモーション(年中大売り出し)では、
    売上が前年の17倍に到達しました。
    2,000以上の海外企業が参画し、480以上のSKUを取り扱っています。
    日本では資生堂や花王等有力企業が店舗を展開しております。

All Posts
×